ポコノやカナパなど数々の名作を生み出したプラダとは | 買取裏話 | 金・宝石・ブランドジュエリー買取のグリーバー(GREEBER)神奈川県藤沢駅徒歩1分
神奈川県藤沢駅徒歩1分の高価買取店GREEBER(グリーバー)
金・宝石・ブランド品高価買取の藤沢駅前徒歩1分グリーバー(GREEBER)
  • お気軽にお問合せください0120-106-200
  • 宅配買取申込
  • 簡単査定フォーム
  • LINE査定 @GREEBER

ポコノやカナパなど数々の名作を生み出したプラダとは

PRADA

「日常を贅沢に飾る」をコンセプトに、高級皮革からカジュアルなナイロン素材までを自在に自社製品に落とし込むプラダは、モードに敏感な女性陣から圧倒的な支持を獲得してきました。
日本国内でも人気は抜群で、プラダ特有の逆三角形のロゴを街中で見かけることも多々あります。

そんなプラダの人気の秘訣は革新性。
老舗高級皮革ブランドというステータスからは考えられないような果敢な試みに挑んできた経歴を持ちます。

この記事では、そんなプラダについてご紹介いたします。
プラダの歴史やプラダを支え続けるミウッチャ・プラダ氏の存在、そしてプラダが成し遂げてきた革新の数々と併せて、プラダ製品の買取相場もご案内しております。

1.プラダとは

プラダはイタリアを代表する高級アパレル企業で、映画のタイトルに登場したこともあるほど世界的な認知度を誇ります。
そんなプラダの概要と沿革をご紹介いたします。

①プラダ会社情報

ABOUT
設立年:1913年
創業者:マリオ・プラダ
本社:イタリア・ミラノ
現CEO:パトリッツィオ・ベルテッリ
事業:バッグ・財布などの皮革製品、その他素材のバッグ・靴・アパレル製品、コスチュームジュエリー、サングラス、香水などの製造・販売
姉妹ブランド:MIU MIU(ミュウミュウ)
傘下ブランド:チャーチ、カーシュー

②プラダの始まりと再編

プラダは1913年、マリオ・プラダとフラテッリ・プラダ兄弟がイタリアのミラノ中心部に位置するガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレII世に、「プラダ兄弟(Fratelli Prada)」という皮革製品店を出店したことが歴史の始まりです。
ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレII世とは巨大アーケードで、イタリアを代表する高級ブティックが入ります。
ちなみに東京ディズニーランドのワールドバザールのモデルになったとか。
ともあれ、そんな高級競合店が多い中でも、プラダ兄弟は着々と顧客を増やしていきました。

扱っていた製品はスーツケースや旅行カバン、パーティーバッグといった革製品ですが、特筆すべきは皮革の種類。クロコダイルやパイソン、象、セイウチといった高級かつ珍しい素材を使っていたことで話題になりました。
開業からわずか6年後の1919年には、イタリア王国のサヴォイ王族御用達となり、瞬く間に名声を広めていきます。

しかしながら第二次世界大戦やその後のマリオ・プラダの他界から、一時ブランドは精彩を欠くようになりました。

そんな折、マリオ・プラダの孫娘にあたるミウッチャ・プラダ氏がデザイナーに就任し、かつ経営も任されるようになります。
1978年のことでした。
このミウッチャ・プラダ氏が、プラダを再建するだけに留まらず、世界的な人気ブランドへと飛躍させるのですが、その存在には夫のパトリツィオ・ベルテッリ氏の存在は欠かせません。
ミウッチャ・プラダ氏がデザイナー兼オーナーに就任する少し前、パトリツィオ氏とはある見本市で知り合ったと言います。
なんと、パトリツィオ氏が、プラダのコピー品を販売していたのです。
パトリツィオ氏は皮革製造の職人としては優秀だったのでしょう。その後ミウッチャ・プラダ氏は正式に彼が経営していた皮革製品会社とライセンス契約を結び、二人のプラダ改革が始まりました。

PRADA ポコノ

ミウッチャ・プラダ氏は祖父が「奇抜な素材で人を惹きつける」ことを成し遂げたように、これまで高級皮革店にとっては考えられなかったような斬新な素材を求めます。
そこでたどり着いたのが、「ポコノ素材」のバックパックです。
この素材は、ミリタリー用品工場で見つけたと言います。
ポコノはナイロンですが工業用に特化された素材で、軽量で撥水性を持ち、かつ薄くて丈夫。さらに、シルクのような軽やかな質感を持つ新素材です。
自社ブランドに化学素材を使用することにためらいはありましたが、パトリツィオ氏の後押しで商品化が決定しました。

そうしてこのポコノを使って、黒基調としたバックパックを爆誕させます。

当初は、プラダのような老舗がこんなオール化学繊維のバッグをラインナップするなんて、といった批判のまなざしが多数でした。
プラダ社内でも否定的な意見が多かったようです。

しかしながらミウッチャ・プラダ氏のデザイン性のおかげかはたまたファッショモデルがプラダのポコノバックパックを背負ってミラノの街を歩いたおかげか、徐々に人気を博していき、1980年代には大ブレイクを果たしていたのです。
このポコノは、現在もプラダの人気ラインとして定着しており、プラダと言えばこのバックパックを思い浮かべる方もいらっしゃるでしょう。

その後、バッグのラインでも使う高級皮革を利用した靴事業にも進出します。
これもまたパトリツィオの助言が大きかったと言います。
ミウッチャ・プラダ氏のデザイン性を活かした靴は独特でした。
革なのに絶妙なカラーリングが施されていたり、ソールやトゥにユニークな装飾をあしらったりと、決して華美ではないのに斬新でオシャレな製品を生み出していきます。
ウェアに進出したもの、この頃です。

ミウッチャ・プラダ氏は、プラダが持つ伝統と品格に、オシャレさとモダンテイストを見事に添えたとして世界中で話題になるのに、そう時間はかかりませんでした。
1983年には二軒目となるブティックをミラノにオープンします。
ちなみにこの時ショップにあしらわれたライトグリーンカラー(リネアヴェルデ)がプラダブティックのシンボルとなりました。
そして1986年、ついにアメリカ・ニューヨークに出店。「世界のプラダ」として海外進出が始まります。
祖父がミラノで始めた小さなショップは、孫娘の手によって世界規模の有名ブランドへと成長を遂げることとなりました。

③1990年代以降のプラダのビジネススタイル

プラダが革新的と言われるのは、成功を収めた後にただブティックをたくさん出店しただけではありません。
ファッション業界でさらに活躍の場を広げるために、新たなビジネススタイルに挑戦していきました。

PRADA MIUMIU

1993年にMIU MIU(ミュウミュウ)と呼ばれる姉妹ブランドを設立します。
ミュウミュウは幼少期のミウッチャ・プラダ氏の愛称で、若い世代向けの低価格帯商品が主要ラインでした。
プラダは顧客の年齢層が高めではありましたが、憧れている若い世代も多かったため、見事若い女性を中心に人気を博していきました。
同時期にプラダ・ミラノ・アルテ(のちのプラダ財団)を設立。ファッションではなく、芸術分野への参画も始まります。

MIU MIUの成功やポコノバッグの大ヒットなどで多額の利益を得たプラダは、同業他社を買収する多角経営に乗り出します。
当時はファッション業界で再編が進んでおり、LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)、リシュモン、ケリングといった巨大企業グループが続々と有名ブランドを買収・合併している時期でした。
ほとんどがフランス発の企業でしたが、プラダはイタリアで初めての企業グループを形成し、この波の中で自社ビジネスを広げることを決意します。

まず1998年、グッチ株を購入しLVMHに売却します。
今でこそグッチはケリンググループの一員ですが、当時は単独企業として勢いを増しており、LVMHも買収を目論んでいました。
そのグッチ株売却で多額の資金を得たプラダは、人気アパレル企業のヘルムート・ラングやジル・サンダー、老舗靴メーカーのチャーチなど他社を買収し、LVPというLVMHとの合弁会社を設立します。1999年のことです。
フェンディを傘下に収めるなどものすごいスピードで成長を遂げ、ミウッチャ・プラダ氏が経営に着手した1978年と比べると、年商は1000倍近くも上がっていました。

その後世界情勢の変化により財政難に直面し、プラダグループは買収合戦から退きます。
フェンディやヘルムート・ラングなど保有していた株を手放し、一企業へと戻りました。

しかしながらただ買収合戦に負けただけではありません。
この期間にブランドは大きく成長し、知名度もますます高まりました。

日本などアジア圏に進出し、さらにポコノラインに現在も親しまれている逆三角形のロゴをあしらって新たなヒットを生んだのもこの頃です。

2008年からは韓国のLG電子とコラボレーションした携帯電話プラダ・フォンを発表。
これを皮切りにデジタル機器の分野でも存在感を示していきます。

2013年には無事ブランド創立100周年を迎えました。
その後も店舗展開や新商品開発を進めており、まだまだミウッチャ・プラダ氏始め、同社の革新的な快進撃は止まないでしょう。

2.プラダの品質やデザインへのこだわり

プラダのコンセプトは「日常を贅沢に飾る」です。
その実現のためにプラダが強くこだわっていることは「素材」と「デザイン」。
それぞれを解説いたします。

①素材へのこだわり

もともとプラダは高級で珍しい皮革製品の販売で名前を広めていました。
そのため素材選びには一家言持っており、ひとくちに革といっても、種類から品質までこだわりぬかれています。

PRADA サフィアーノ

例えば、サフィアーノライン。
型押しされた極上の牛革「サフィアーノ」をバッグや財布、キーケースなどに使用しており、高級皮革独特の上質な風合いが特徴です。
しかも、樹皮加工を施すことにより、防水性や傷つきづらさを獲得。革にありがちな弱点を克服しています。
高級皮革らしくシンプルなデザインが多いため、幅広い年齢層から支持を受けており、当店グリーバーでもよく買取にお持ち込みいただくプラダアイテムのうちの一つです。

また、ナッパレザーと呼ばれる、牛や羊の革素材を使ったアイテムも人気です。
柔らかでしなやかな特徴を持ち、優美なデザインを作り上げるだけでなく、肌ざわりが心地よいことでも定評があります。
耐久性に優れているため、お手入れをしっかりすれば末永く使い続けていけることは、ラグジュアリーブランドの製品としては重要なポイントです。

もちろん伝統的な皮革素材だけでなく、ポコノで一世を風靡したプラダならではの新素材もまたこだわりがあります。
定番のカナパは愛らしいトートバッグのラインですが、キャンバス地やデニムなど女性が毎日使用することを想定した実用性とデザイン性を両立するのに最適な素材使いがなされています。

このように、人々の日常に贅沢さを添えるため、素材選びや素材の使用にこだわりを持つブランドがプラダなのです。

②デザインへのこだわりとそれを実現するデザイナー・ミウッチャ

プラダ及びミュウミュウのデザイナーを務めるミウッチャ・プラダ氏の経営能力が優れていることは明らかですが、彼女のデザイン力もまたプラダのここまでの成長に欠かせなかったことは間違いありません。

ミウッチャ・プラダ氏は、「彼女ほど女性の内面を表現できるデザイナーはいない」と称され、「世界で最も影響のある100人」「ファッションの未来を切り開く7人」などに選ばれるほど多くの人々に自身の作品で影響を与えてきました。

ミウッチャスタイルは、言うなれば斬新。
高級ブランドにポコノを取り入れたり、高級志向が多かった80年代・90年代にシンプルでナチュラルなデザインを取り入れたりと、どこか時代やトレンドの流れに反逆するかのような新しさでプラダのアイデンティティを確立しました。
また、女性らしさを全面に出すよりもマニッシュスタイルを好む一方で日本女性の奥ゆかしさには大きな関心を持ち、2013年、ジャポニズムをテーマにしたデザインを手掛けるなど、自由奔放さもまた特徴です。

これは、ミウッチャ・プラダ氏が自分自身のデザインに自信を持ち、こだわりがあるからこそのスタイルでしょう。
「このデザインが良い」と信じ、それにこだわらなければ、新しいものや自由なものは生み出せません。
しかしながら決して凝り固まった自負心ではなく、時代やトレンドがミウッチャスタイルに合わせていっている現状があります。これはデザイナーとしては大変稀有なことで、ミウッチャ・プラダ氏の鬼才にこそ成せるわざでしょう。
ミウッチャ・プラダ氏がデザインにこだわり続けることが、プラダの製品をより魅力的に輝かせるのです。

3.プラダのブランド規模感と現在の活躍

近年のプラダのマーケティング力の巧みさは随一です。
規模の拡大はもちろんのこと、ファッションとは全く無縁の分野にも参画を果たし、年々プラダの存在感を高めていっています。

その一部をご紹介いたします。

①プラダのブランド規模感

プラダは現在、欧州、アメリカ大陸、アフリカ大陸、中東、アジア、オセアニア地域と文字通り世界を股にかけてブティック・インショップを展開しています。
そのうち旗艦店「エピセンターストア」がニューヨーク、ビバリーヒルズ、東京の南青山に出店されています。
エピセンターストアとはブティックスタイルへの新しい試みで、従来の路面直営店とは全く異なる様相を呈します。
まずコンセプトが独特で、ただ製品を販売する場所、というだけでなく、会議をしたり、映画鑑賞をしたりといった新しいスタイルのコミュニケーションストアとなります。
建築家やデザインも全てが特注で、商品のディスプレイがより引き立つ仕様となっているだけでなく、上質で斬新な空間を提供しています。
プラダは再び新しいビジネススタイルとして、顧客とのコミュニケーション手段にメスを入れたのでしょう。

まだ実証中ではありますが、既に三店舗出店しているところを見ると、今後ますますこのスタイルが広がっていくのではないでしょうか。

②プラダの最近の活躍

事業としてはバッグや財布などの皮革製品やアパレルの他、眼鏡、サングラス、香水、ボディパウダーと幅広いラインナップが揃えられてきました。
それに加えて前述したように韓国のLG電子と提携し、携帯電話やスマートフォンを発売しています。

また、1997年以降はヨットレース事業にも参入。「プラダ・スポーツ」を新たに設立し、スポンサードだけに留まらず、実際にレースに参戦を果たしています。
ちなみに出場者はミウッチャ・プラダ氏の夫パトリツィオ・ベルテッリ氏。
2012年にはアメリカ合衆国ロードアイランド州にあるアメリカスカップで、殿堂入りしたことで話題となりました。
もともとカーレースやヨッティングレースなどのスポーツとコラボレーションするラグジュアリーブランドは珍しくありません。
新しいデザインやシリーズの構築にも繋がります。
しかしながらCEO自らがレースに参加することには驚かされたものです。

現在の姉妹ブランド及び傘下企業としてはミュウミュウ、イギリスの靴メーカー・チャーチ、カーシューとなります。

現在のプラダの勢いある多角経営戦略を見ると、まだまだ新境地で私たちを楽しませてくれそうですね。

4.プラダを愛用する有名人

プラダは事業の広さやシリーズ展開の豊富さから、多くの国々での愛用者が存在します。
メディアやSNSを通して見かけることも少なくないでしょう。

とりわけプラダバッグの愛用者は非常に多く、しかもしょっちゅう携えている方もいらっしゃいます。

まずは世界的な歌姫であるテイラー・スウィフトさんやアリアナ・グランデさん、ケイティ・ペリーさんにマイリー・サイラスさん。
また、ファッションモデルのミランダ・カーさんやエミリー・ラタコウスキーさんがプラダでかっこよく決めている光景に、ファンから歓声が上がりました。

落ち着いたエレガントな大人セレブにも、フレッシュな若きセレブにもマッチするスタイリッシュさはさすがのブランドです。

5.プラダの売却の際に気をつけたいこと

プラダはルイヴィトンやシャネル、エルメスといったラグジュアリーブランドと並んで非常に高い人気を誇ります。
よく同じプラダでも高級皮革を使用したバッグに比べて、化学繊維を使ったポコノやカナパは売れない、なんて誤解がありますが、それは違います。
プラダのハイエンドラインと同じように人気があり、また、プラダ特有の品質の良さや長持ちのしやすさから、中古市場で安定した需要を保ってきました。
そのため、多くの買取店で在庫確保に熱心で、積極買取しているお店も見つけやすいでしょう。

しかしながら全てが優良店というわけではありません。
プラダの流通ルートを確保しておらず、適正価格をつけない、一昔前のプラダ製品の相場しか知らない、というお店も存在します。
とりわけ販売のノウハウがないと、きちんとさばけるかわからずに買いたたくケースがあるのです。

プラダのような有名ブランドほど、どこの店でも買い取りたがるため、注意が必要です。

そこでプラダの売却で損をしないためには、ブランド品を多く販売・買取している会社を選ぶこと。
そして、買取店は一つではなく、複数店まわってそれぞれの査定額を聞き、お持ちのアイテムの適正な相場を知ることが重要です。
そんなに買取店を訪ねる気力はない、と言う方は、宅配買取やライン査定など、直接店頭に持ち込まなくても買取を受け付ける豊富なサービスを行っている店舗をお選びください。
サービスが豊富なところというのは、それだけ「他社より良いモノを買い取る」といった気持が熱心です。

バッグや財布、ウェア、サングラスなど、多くのラインを抱えながらも価値を維持するプラダアイテム。
ぜひ納得のいく価格で手放してくださいね。

6.買取相場から見るプラダの人気アイテムはコレ!

最後に、プラダの人気アイテムと参考買取価格をご案内いたします。

■カナパ

プラダ カナパ 2WAYショルダーバッグ ALABASTRO 1BG439 43,000円
■プラダ カナパ 2WAYショルダーバッグ ALABASTRO 1BG439
参考買取価格:43,000円
プラダ カナパ 2WAYショルダーバッグ デニム 1BG439 46,000円
■プラダ カナパ 2WAYショルダーバッグ デニム 1BG439
参考買取価格:46,000円
プラダ カナパ デニム ロゴ 2WAYバッグ トートバッグ 46,000円
■プラダ カナパ デニム ロゴ 2WAYバッグ トートバッグ
参考買取価格:46,000円
プラダ カナパ 2WAY キャンバス トートバッグ レオパード柄 1BG439 50,000円
■プラダ カナパ 2WAY キャンバス トートバッグ レオパード柄 1BG439
参考買取価格:50,000円

■サフィアーノ

プラダ 三つ折り 財布 サフィアーノ 1M0170 24,000円
■プラダ 三つ折り 財布 サフィアーノ 1M0170
参考買取価格:24,000円
プラダ サフィアーノ ラウンドファスナー 長財布 ブラック 2ML317 40,000円
■プラダ サフィアーノ ラウンドファスナー 長財布 ブラック 2ML317
参考買取価格:40,000円
プラダ サフィアーノ 二つ折り 長財布 スタッズ BORCHI 1MH132 40,000円
■プラダ サフィアーノ 二つ折り 長財布 スタッズ BORCHI 1MH132
参考買取価格:40,000円
プラダ サフィアーノ 2WAYショルダーバッグ レザー ホワイト BN231 66,000円
■プラダ サフィアーノ 2WAYショルダーバッグ レザー ホワイト BN231
参考買取価格:66,000円

■ナッパレザー

プラダ ナッパレザー 二つ折り 長財布 JUTA 1M1132 23,000円
■プラダ ナッパレザー 二つ折り 長財布 JUTA 1M1132
参考買取価格:23,000円
 

■その他バッグ・財布・グッズ

プラダ サングラス グレーブラウン SPR 18R-F 7,000円
■プラダ サングラス グレーブラウン SPR 18R-F
参考買取価格:7,000円
プラダ キーホルダー ベア クマ チャーム 1AR117 ホワイト 10,000円
■プラダ キーホルダー ベア クマ チャーム 1AR117 ホワイト
参考買取価格:10,000円
プラダ 2WAY チェーンショルダーバッグ キルティングナイロン×レザー ブルー 26,000円
■プラダ 2WAY チェーンショルダーバッグ キルティングナイロン×レザー ブルー
参考買取価格:26,000円
プラダ リボン ハンドバッグ ナイロン ブラック 33,000円
■プラダ リボン ハンドバッグ ナイロン ブラック
参考買取価格:33,000円
プラダ 斜め掛け ショルダーバッグ ナイロン ブラック VA0251 28,000円
■プラダ 斜め掛け ショルダーバッグ ナイロン ブラック VA0251
参考買取価格:28,000円
プラダ 斜め掛け ショルダーバッグ ナイロン カーキ×ブラック 38,000円
■プラダ 斜め掛け ショルダーバッグ ナイロン カーキ×ブラック
参考買取価格:38,000円
プラダ 2WAYバッグ BN2281 ナイロン/レザー 40,000円
■プラダ 2WAYバッグ BN2281 ナイロン/レザー
参考買取価格:40,000円
プラダ 斜め掛け ショルダーバッグ ナイロン ブラック 1BD953 45,000円
■プラダ 斜め掛け ショルダーバッグ ナイロン ブラック 1BD953
参考買取価格:45,000円
プラダ ショルダーバッグ レザー PEONIA BR5092 50,000円
■プラダ ショルダーバッグ レザー PEONIA BR5092
参考買取価格:50,000円
プラダ ギャザー 2WAYショルダーバッグ ナイロン ブラック 50,000円
■プラダ ギャザー 2WAYショルダーバッグ ナイロン ブラック
参考買取価格:50,000円

※未使用~僅かな傷レベル、付属品完備、状態のSランクのお買取り代金の相場となります。
※2017年の相場です。経年や相場の変動により上記価格でお買取りできない商品もございます。
※同じ形の商品でも、年式、素材、カラーによって買取価格は大きく異なります。

7.まとめ

魅力的なデザインのバッグや財布などをラインナップすることはもちろん、常に新しいビジネススタイルを模索し、同じところに留まらないプラダ。
今後もますますの活躍が期待でき、目が離せないブランドとなっています。

また、プラダは人気や需要も安定しています。
今ご売却をお考えの方は、信頼できる買取店を何店舗かまわり、現在の相場を確認してみることをお勧めいたします。
当店グリーバーでも、プラダを買取強化中です!バッグや財布など、使わなくなったプラダがあれば、ぜひ一度ご相談ください。

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ライン
  • はてなブログ

お買取りの査定やお申込みはこちら

  • 写真を撮って3分で送信 LINE 査定
  • 名前も住所も不要の簡単査定 簡単査定申し込みフォーム
  • 商品を送って査定を依頼 宅配買取申し込みフォーム

おすすめ記事



リアルタイム買取情報

売却前に読むコラム

  • 宝石・ジュエリー売却で損をしないために
  • 金・プラチナの売却で損をしないために
  • ブランドジュエリー売却で損をしないために
  • ブランド品の売却で損をしないために

お買取りの査定やお申込みはこちら

  • 写真を撮って3分で送信 LINE 査定
  • 名前も住所も不要の簡単査定 簡単査定申し込みフォーム
  • 商品を送って査定を依頼 宅配買取申し込みフォーム

事務所/買取店情報

買取専門店

藤沢駅から徒歩約3分! 南口マクドナルドの斜め前
(パチンコ屋さんパラッツオの隣)のK&Sビルディングの4Fです。

住所 〒251-0055 神奈川県藤沢市南藤沢2-8
2002 K&Sビルディング 4F GREEBER
電話番号 0120-106-200
営業時間 10:30 ~ 18:00
※お買取りは事前のご予約があれば19時30分まで対応致します。

販売店情報

販売店

JR・小田急・江ノ電 藤沢駅南口 徒歩1分!
オーパに隣接する熱田ビルの路面1Fです。

住所 〒251-0055
神奈川県藤沢市南藤沢22-14 アツタビル1F GREEBER
電話番号 0466-53-8700
営業時間 10:30 ~ 18:30


to top